5W1H(3H)法

上司の命令を受ける、部下に指示を出す、電話応対、文書作成、企画立案、など仕事を正確かつ完璧に行ううえで、どうしても欠かせない技法の一つに「5W3H法」があります。
意識的に、この5W3H法でものごとをすすめていくと、仕事がスムーズにミスも少なくすることができます。
6つの関所と考え絶えずチェックしていると、無意識にできるようになります。
もともとは5W1Hとして、イギリスの詩人キプリング(1865〜1936 ノーベル文学賞受賞)の次の詩から抜き出されたものです。

I have six honest serving men
They taught me Iknew their name are
where and what and when and how and why and who