キヤタリストとは
 デジタル部門
 ホームオフィス部門
 研修部門
業績
会社概要
お問い合わせ
プロフィール
リンク
サイトマップ
クリエイターズ
〒181-0012
東京都三鷹市上連雀2-6-7
HO三鷹101
Tel 0422-40-0353
Fax 0422-44-0650
Mail info@e-catalyst.co.jp
 
事業内容
>デジタル部門
Webサイト作成 |Webサイト診断顧客満足・不満足調査|プレゼンテーション・コンテンツ作成
 


3.プレゼンテーション・コンテンツ作成

B.プレゼンテーション・テーマの展開の仕方

1. 演繹法(deduction)
論理的アプローチで,一般的な原則から最後に結論をもってくる構成の方法

(1)三段論法
大前提,小前提,結論の三段からなる推論の方式

AはBなり,BはCなり,ゆえにAはCなり
規則 (rule) この袋の中の豆は白い
場合 (case) しかるに,これらの豆はすべてこの袋から取り出されたものである
結果 (result) ゆえに,これらの豆はすべて白い

(2)起承転結
漢詩の修辞法。中国唐代の詩・絶句の組み立て法

  説明 例 俗謡 例 陶 淵明の絶句
第一句で,全体の意を起こす 大阪本町糸屋の娘 盛年重ねて来らず
第二句で,受ける(承ける) 姉が十六妹が十四 一日再び晨なり難し
第三句で,変化させる 諸国大名は弓矢で殺す 時に及んで当に勉励すべし
第四句で,結ぶ(結論) 糸屋の娘は目で殺す 歳月人を待たず

2.帰納法(induction)

いくつかの事例をもとにして,一般的な法則をたてる手法
場合 (case) これらの豆はすべてこの袋から取り出されたものである
結果 (rule) しかるに,これらの豆はすべて白い
規則 (result)ゆえに,この袋の中の豆はすべて白い

3.五段階法 or 六段階法
購買心理の五段階(AIDMAの法則)の応用

Attention 注意・注目させる(話材の提供)
Interest 興味・関心をもたせる(導入の段階)
Desire 欲求を起こさせる(主題の提示)
Memory 情報を覚えさせる,記憶させる(主題の展開)
A(I) Internal Action 比較判断(内的行動)を起こさせる(結論の提示)
A(E) External Action 決断(外的行動)を起こさせる(結論の集約=決定)

4.説明の配列の方法

(1) 時系列による(YTT法)
(2) 空間的な配列(事が発生した場所に従って展開する)
(3) 既知から未知への配列
(4) 重要度による配列
(5) 因果関係による配列(原因と結果をはっきりさせる)

5.5W1H(3H)法

 

前のページへ

 

Copyright (C) 2002-2009 Catalyst Corporation. All Rights Reserved.